氏の変更を希望するケースとして一番多いのは、結婚する前の氏に戻したいというものです。結婚した当時に氏を変更した者が離婚をする時は、結婚前の氏に戻るか婚姻中に名乗っていた氏を名乗り続けるか選ぶことができます。離婚後3ヶ月以内に戸籍法第77条の2という届を市町村の戸籍係へ提出することで、婚姻中の氏を離婚後も名乗り続けることができます。しかし、一度戸籍法第77条の2を市町村に提出すると、婚姻前の氏に戻りたいと思っても届出だけでは戻ることができません。氏の変更許可の申請を家庭裁判所に提出し、婚姻前の氏に戻ることを申し立てることが必要です。氏の変更許可は、このケースのように日常生活を送る上で氏を変えた方が申立人のためになると家庭裁判所で判断された場合認められます。よって、個人の意思に基づき行われる行為です。一方、戸籍訂正許可とは、戸籍の届出自体が本来法律上許されない届出であった場合、錯誤や遺漏があった場合に家庭裁判所の許可を得て戸籍の記載内容を訂正する届出です。家庭裁判所が関係者に事情を伺うなど、申し立て内容の訂正が認められれば審判書を発行します。審判書を市町村の戸籍係へ提出することで戸籍の訂正がなされます。