失踪宣言とは

| 未分類 |

失踪宣言とは、ある人が一定期間行方不明になっているときに、失踪した人を死亡したとみなす制度のことをいいます。失踪者が死亡したとみなされると、失踪者についての相続が開始されます。遺族に遺族年金の給付や生命保険金の発生や、婚姻関係の解消などに関わってきます。
失踪宣言には普通失踪と特別失踪の2種類があります。普通失踪とは特別失踪に該当するような理由のない普通の失踪のことで、ある人の生死が7年間わからない場合に認められます。特別失踪とは戦地に臨んだもの、沈没した船舶の中にいた人、火災、地震など死亡の原因となる危難に遭遇した人について、危難が去ってから1年間生死が分からない場合に認められる失踪です。失踪宣言の手続きは、普通失踪、特別失踪どちらの場合でも、利害関係にある人が家庭裁判所に申し立てを行なうことから始まります。家庭裁判所は申し立てを受けると、必要な調査を行い公示催告という公示手続きを行います。公示催告期間は6ヶ月以上で、これらの手続きを経た上で失踪宣言されます。失踪宣告を受けたものは、普通失踪の場合は期間満了時に死亡したとみなされ、特別失踪の場合は危難が去ったときに死亡したとみなされます。