離婚時年金分割制度には、大きく分けて二通りあります。
合意分割制度と、3号分割制度です。
合意分割制度は、平成10年4月1日以降に離婚などをすることで、当事者の一方からの請求によって、婚姻期間中の厚生年金の記録を当事者間で分割するものです。
また、3号分割制度は平成20年4月1日以降に離婚などをして、一定の条件に該当するときに、国民年金の第3号被保険者の側(一般的には妻が多いです)からの請求よって、平成20年4月1日以降の婚姻期間中の3号被保険者期間の相手方(一般的には夫が多いです)の厚生年金の記録を2分の1ずつ分割することができる制度です。
離婚時年金分割制度についてよくある誤解として次のようなものがあります。
(1)夫の年金すべてが分割対象になる。
対象になるのは、会社員などが加入する厚生年金(共済年金)の報酬比例部分のみで、厚生年金基金は対象外で、ずっと自営業などの第1号被保険者の場合は、分割する年金がありません。
(2)専業主婦なら夫の年金は無条件で2分の一はもらえる
3号分割についての勘違いですが、対象となるのは、平成20年4月1日以降の婚姻期間であって、それ以前の婚姻期間は対象になりません。
(3)分割されるのは夫の年金のみ
夫婦共働きで、夫の年金と妻の値金を比較して、多い方から少ない方にその差額の半分を移すのが、離婚時年金分割制度の基本点な考えなので、妻分の年金額が多ければ夫に移ることもあります。
(4)元の夫が亡くなったり、自分(妻)が再婚すると分割された年金は消滅してしまう
制度をきちんと理解して、選択することが重要になります。
請求することができるのは、離婚した翌日から2年以内です。