直系血族及び兄弟姉妹は、相互に扶養義務があり、例外として、特別の事情があるときは、家庭裁判所は、3親等内の親族間においても扶養義務を負わせる、扶養義務の設定ができます。家庭裁判所が扶養義務の設定をするには、患者の戸籍謄本や保護者候補者の戸籍謄本が必要となります。
精神疾患などで医療保護入院(強制力のある入院)するには、入院治療契約を交わす必要がありますが、意思能力を持たない患者のかわりに入院治療契約を交わすことができるのは、保護者だけです。
患者に配偶者がいる場合は、配偶者が保護者になります。 患者が未成年の場合は、両親が連名で保護者になります。身内が1人しかいない場合は、その1人が保護者になります。
このように、保護者になるには、特別な届けは必要なく、法律で自動的に決まっています。
保護者になる者がいない場合や、保護者の能力がない場合には、扶養義務者の中から家庭裁判所が保護者を選任するよう申立てる必要があります。
保護者選任の申立先は、患者の住所地の家庭裁判所又は扶養義務者となるべき者(保護者として適任と思われる者)の住所地の家庭裁判所となります。
期限制限のない医療保護入院は、著しく人権を侵害することになるので、保護者の同意のない医療保護入院は認められず、入院から4週間以内に保護者を決めないと、退院させるか、本人の同意による任意入院に切り替えなくてはなりません。