ソファーとテーブル 家庭内における争いごとなどの家庭に関する事件は、家族や親族の感情的な対立が背景にあることが少なくありません。そこで、このようなデリケートな紛争を解決するためには、法的観点から画一的に判断を行うだけでは足りず、感情的な対立を解消することも求められているといえます。また、家庭に関する事件を解決へと導くためには、その性質上個人のプライバシーに配慮することも重要です。さらに、裁判所が後見的な見地から関与する必要もあります。

そこで、家庭内における紛争その他法律で定める家庭に関する事件については、家庭裁判所において非公開手続で処理することとし、また職権主義の下、具体的妥当性を図りながら処理する手続を法が定めています。

この家庭に関する事件を、一般に家事事件といいます。家事事件は、その手続によって審判事件と調停事件の二つに分かれます。審判事件は、甲類事件と乙類事件に分かれ、前者には子の氏の変更許可や相続放棄、養子縁組の許可などが含まれます。これらは複数当事者が対立する性質のものではないため、専ら審判によって判断されます。後者は、親権者の変更や養育費の請求、遺産分割など、性質上複数当事者の対立が予想される事件です。したがって、当事者間による自主的解決が望まれますので、審判だけではなく調停でも扱われます。

ダイニング01